BLOG TO THE MUSIC AND LIFE

別れについて

大切な人との出逢いが起こすマジック

別れによる寂しさは本当に辛いものがありますね。
今までどれだけ自分がその人と共鳴し、存在に甘え、
頼りにしていたかが身にしみてわかります。

そして、日頃やり残していたことを改めて気付かせてくれます。
1+1=3以上の関係を築いていたならなおさらです。

別れが辛いのは、その前にありがたい関係があったからこそですよね。
私の場合、そんな関係の中には、とくに共鳴のような現象が生じることがありました。
このような共鳴現象は誰にでもよくあることではないでしょうか。

私の場合は他のミュージシャンとの即興演奏でよく実感することがあります。
また普段の生活の中でも会話によってアイデアがわくとか、恋愛感情が出てくる
など、人と人との関係で発生する情熱的なものごとはマジックだと思っています。

別れによって起こるマジック

でもマジックはずっと続きません。
たいていの場合は時間制限つきです。(恐い!)

小学校の理科の実験で行った音叉の共鳴を思い出してください。
2つの共鳴が始まると、音量は大きくなりますが、
単体で鳴るより、早く音が減衰していたはずです。

マジックは両者のパワーを消耗し尽くして作りだされるものなのですね。
お互いに永遠に共鳴し合うことはナカナカ難しいです。
恋愛感情も持続期間があるということはよく知られてますよね。
(ただし両者が並々ならぬ努力をすることによって、
恋愛感情ではなくなるけど、違ったマジックが発生し続けます(経験より))

でも、自然のメカニズムはうまくできていて、
しばらくマジックとご無沙汰するようになってしまっても、
再びマジックを起こせさせるよう、
巧妙な手段で次の手を差し出すかのように働きかけてきます。

それが「別れ」だと思っています。

別れは自分に必要なことである

別れ方は実に人様々です。
その人に必要な別れ方にも思えます。
さらに大切な人との死別は誰もが経験する避けられない別れです。
でもどんなに辛く苦しくても、逃げずに受け入れなければならないんですね。

これからも惜別が身近にあったら、
「別れ」という現象の意味を思い起こし
次へのマジックへ備えていけたらと思います。
別れは大切な相手がくれた次へのパスポートなのだと思って、、、

「別れ」から生み出されるものがある

さて、「別れ」は、芸術活動分野では作り手にご褒美をくれることがあります。
私も、20年前に「明日別れる君へ」という曲が一瞬でわいたたことがありますが、あれはご褒美でした。
(「明日別れる君へ」は以下にリンクを貼りましたのでよかったら視聴してみてください)

せっかくの縁を深く育て、マジックを起こせるくらいの
関係にまでなれたなら、きっと別れも良い意味で半端じゃないですね。

奇跡の確率でこの世に生まれてきて、たった一度の人生です。

これからもいろんな人と共鳴し合い、理解し合える関係を築きながら、
一人よがりでない「社会に貢献できる」マジックを起こせたらなあと思います。
そしてより強く共鳴してもらえるように、一層自分を磨いていきたいと思います。
(昔、恥ずかしいくらい自己中だったのですが今もナントカ矯正中です、、、)

今回も私のブログをご覧いただきましてありがとうございました!

Live Information

出嶌達也ライブ情報配信希望の方へ

出嶌達也ライブ情報をご希望の方は、以下のフォームにご記入ください。 (ご面倒ですが、お名前はフルネームでお願いします)

作曲や研究活動に専念している期間はライブ活動を長期でお休みすることが多いです。大変恐れ入りますが、気長にお待ちいただければ幸いです。

  • このメールからの配信が迷惑メール設定で届かない可能性がある場合は適宜設定を見直してください。
  • ライブ情報を希望されない場合は、その旨ご返信いただければ、配信を停止いたします。

関連記事一覧

New Posts

YouTube

Twitter

facebook

PAGE TOP